Make your own free website on Tripod.com
space
目次 索引 前の章 次の章

第 2 章

インターネットとインターネット サービス


Web サイトの計画と設置を行う前に、Windows NT Workstation が動作しているコンピュータ上に Web サイトを構築するのに必要な各コンポーネントについて理解しておきましょう。

この章では、次の項目について説明します。


章の最初 インターネットとは

インターネットは、共通の言語を使用して情報を伝達する地球規模のコンピュータ ネットワークです。インターネットは国際電話のシステムに似ています。つまり、ネットワーク全体を所有したり管理したりする人はいませんが、ネットワーク同士を相互に接続することによって 1 つの巨大なネットワークとして機能しています。

World Wide Web (WWW、または Web) は、インターネット上のドキュメントを見るための、グラフィカルで操作が簡単なインターフェイスを提供します。これらのドキュメントは相互にリンクすることによって、一大情報網を形成しています。

Web 上のファイル、すなわちページは、相互に接続されています。ハイパーリンクと呼ばれる特殊なテキストやグラフィックをクリックすることで、別のページに接続することができます。

ページには、ニュース、画像、映像、音声など、ありとあらゆる種類のデータが含まれています。これらのページ データは世界中のいたるところのコンピュータ上にあり、Web に接続すれば世界中のどこからでも情報にアクセスできます。

ハイパーリンクとは、Web のアドレスが埋め込まれている言葉やグラフィックのことです。ハイパーリンクをクリックすると、ある特定の Web サイト上にある特定のページにジャンプします。ハイパーリンクはすぐに見分けることができます。通常、Web ページ上のハイパーリンク テキストの色はほかのテキストの色とは異なり、ハイパーリンク グラフィックには色付きの囲み線が付いています。

個々の Web ページは、Web サイトのホーム ページも含めて、Uniform Resource Locator (URL) と呼ばれる個別のアドレス (たとえば http://www.microsoft.co.jp/home.htm など) を持っています。URL は、そのページが保存されているコンピュータの名前やそのページへの正確なパスを指定します。


章の最初 イントラネットとは

このマニュアルでは、イントラネットという言葉を、インターネットには接続していないけれども、そのネットワーク内のユーザーに情報を提供するためにインターネットの通信規格とツールを使用している、すべての TCP/IP ネットワークを指す言葉として使っています。たとえば、企業は、従業員だけがアクセスできる Web サーバーをセットアップして、社内報や売上高などの企業内文書をパブリッシュすることができます。従業員は、Web ブラウザを使って情報にアクセスします。

Web サーバーを、インターネット上で見られるのと同じ特性やサービスを提供するように設定することができます。たとえば、ハイパーテキスト ページ (テキストやイメージ、音を含むこともできます) のサービスや、Web クライアントからの情報提供やデータベースへのアクセスの要求に対する応答などがあります。このマニュアルでは、これらのパブリッシュ サービスを、それが実行されるのがイントラネット上かインターネット上かに関係なく、"Internet services" と呼んでいます。


章の最初 インターネット エクスプローラとは

Microsoft インターネット エクスプローラは、Web ブラウザです。Microsoft(R) Word や Microsoft(R) Excel がそれぞれ、文書を作成したりその書式を設定したりするツールやスプレッドシートを作成したり表計算を行うためのツールであるのと同じように、インターネット エクスプローラは Web 上の情報への移動やアクセス、ブラウズを行うためのツールです。

インターネット エクスプローラのツール バーには、ブラウザ システムを操作するためのさまざまな機能やコマンドがあります。ツール バーの下にあるアドレス バーには、現在の Web ページ アドレスが表示されます。新規の Web ページにジャンプするには、このバーの白い欄にページの URL を直接入力し、キーボードの Enter キーを押します。新規のページにジャンプするハイパーリンクをクリックすることでも、新規ページにジャンプすることができます。

Microsoft Windows NT(R) オペレーティング システムは、 Windows NT に対応したインターネット エクスプローラを用意しています。インターネット エクスプローラは、Windows(R) 3.1 for Workgroups、Windows Version 3.1、Windows 95 にも対応しています。


章の最初 Peer Web Services とは

Microsoft(R) Peer Web Services では、Windows NT Workstation が動作しているコンピュータ上で小規模の個人の Web サイトを簡単に作成できます。Peer Web Services がインストールされていると、ファイル共有と同様に簡単に、組織のイントラネット内でデータを共有できます。他のネットワークのユーザーは、Webブラウザを使ってファイルにアクセスします。アクセスされたコンピュータは、HyperText Transfer Protocol (HTTP) を使って、ブラウザの要求に応答します。ワークステーションを File Transfer Protocol (FTP) サービスや Gopher サービスを提供するように設定することもできます。FTP サービスによって、ユーザーは Web サイトとのファイルの送受信を行えます。Gopher サービスは、ドキュメントの位置を調べるのにメニュー形式のプロトコルを使用します。Gopher プロトコルは、現在では大部分が HTTP プロトコルに置き換えられています。

Peer Web Services でできること

Peer Web Services を使うと、自分のデスクトップから個人の Web サイトをパブリッシュすることができます。個人の Web サイトは、グループのメンバーに利用してほしいワークグループの情報や、イントラネット内で利用したい個人用ホームページに適しています。Peer Web Services は、Windows NT Workstation オペレーティング システムに統合され、そのネットワークやセキュリティの機能を最大限に利用します。 個人の Web サイト上で提供したいものを創造する可能性は無限です。たとえば、次のような使い方が考えられます。

Peer Web Services の動作

Web は、基本的には要求応答システムです。Web ブラウザは Web サーバーに URL を送って情報を要求します。Web サーバーは HyperText Markup Language (HTML) ページを返して応答をします。

02_i254b

HTMLページには、すでに作成され、Web サイトに保存されている静的なページや、ユーザーから提供される情報への応答の形でサーバーが動的に作成するページ、またはWebサイトで使用可能なファイルやフォルダを一覧表示するページがあります。

Web ブラウザの URL による要求

イントラネット内やインターネット上の各ページは、それを認識する一意な URL を持っています。Web ブラウザは、Web サーバーに URL を送信してページを要求します。サーバーはURLの情報を使ってページの位置を確認し、表示します。

URL の構文は、プロトコル、ドメイン名、情報要求のパスからなる一連の記述になります。プロトコルは、HyperText Transport Protocol (HTTP) など、情報にアクセスするための通信方法です。Peer Web Services は、HTTP、FTP、Gopher の各プロトコルをサポートしています。ドメイン名は、データがあるコンピュータの ドメイン ネーム システム (DNS) に登録されている名前です。パスは、コンピュータ上の要求された情報のパスです。次の表に、それぞれ異なる URL の例を示します。

プロトコル ドメイン名 情報へのパス
http:// www.microsoft.com /backoffice
https://
(secure HTTP)
www.company.com /catalog/orders.htm
gopher:// gopher.college.edu /research/astronomy/index.htm
ftp:// orion.bureau.gov /stars/alpha quadrant/starlist.txt

URL は、Web サーバーがページを返す前に処理しなければならない情報を含むこともできます。データはパスの終わりに追加されます。Web サーバーは、プログラムやスクリプトに処理させるデータを渡し、その結果を Web ページに返します。 次の表に要求の種類の例を示します。

要求の種類 URL
静的な HTML ページ http://www.microsoft.com/backoffice/home.htm
ISAPI アプリケーション http://www.msn.com/custom/page1.dll?CUST=on
インターネット データベース コネクタ http://www.microsoft.com/feedback/input.idc
Common Gateway Interface (CGI) スクリプト http://www.company.com/calculator/add.pl?2.2

Web サーバー の応答

Webサーバーは、Web ブラウザの要求に HTML ページを返して応答します。返されるページは、静的な HTML ページ、動的な HTML ページ、ディレクトリ リスト ページの 3 種類のいずれかになります。

静的ページ

静的なページは、要求の前に既に 用意されている静的な HTML ページです。Web サーバーは、ユーザーに HTML ページを返す以外は特に何もしません。ユーザーは URL (たとえば、次の図の http://computername/home.htm など) を入力するか、または URL を指しているリンクをクリックすることで静的なページを要求します。URL の要求はサーバーに送信され、サーバーは静的な HTML ページを返して応答します。

02_i254c

動的ページ

動的なページは、ユーザーの要求に応答する形で作成されます。Web ブラウザは、ユーザーが入力したり選択したりする、テキスト ボックスやメニュー、チェック ボックスなどから成るページを使って、データを収集します。ユーザーがフォーム上のボタンをクリックすると、データがそのフォームから Web サーバーに送られます。サーバーは、データをスクリプトやアプリケーションに渡すか、クエリーを実行したりデータをデータベースに記録したりします。そして、ユーザーにそれらの実行結果を HTML ページで返します。

次の図は、2 つの数値の加算を行う Internet Server API (ISAPI) アプリケーションに、ユーザーがクエリーをどのように送信できるのかを示したものです。ユーザーは、加算する 2 つの数値を入力し、ボタンをクリックします。するとそれらの数値がサーバーに送信されます。Web サーバーは ISAPI アプリケーションに加算を要求し、その結果を HTML ページでユーザーに返します。

02_i254d

次の図は、ユーザーがインターネット データベース コネクタを利用してデータベースに注文内容を記録する過程を示したものです。ユーザーがフォームを完成してボタンをクリックすると、フォーム内のデータがサーバーに送信されます。サーバーは、データベースにデータを送信すると同時に、ユーザーに HTML ページを送信して命令が完了したことを知らせます。

02_i254e

動的 HTML ページを作成するためのスクリプトやアプリケーション、データベース クエリーの使用については、「第 8 章 データやアプリケーションのパブリッシュ」を参照してください。

ディレクトリ リスト

ユーザーが特定のファイルを指定せずにクエリーを送信した場合には、Web サイトにデフォルト ドキュメントを作成したり、ディレクトリの参照ができるようにサーバーを設定したりできます。ディレクトリにデフォルト ドキュメントがないのにディレクトリの参照が設定されている場合は、ディレクトリ リスト (Windows のエクスプローラやファイル マネージャの一覧表示がハイパーテキストになったようなもの) が、HTML ページの形式でユーザーに返されます。ユーザーは、ディレクトリ リスト内の適切なファイルをクリックすることで、そのファイルにジャンプできます。

02_i254f

ディレクトリ リストを使用する代わりに、デフォルト ドキュメントを提供することもできます。デフォルト ドキュメントの詳細については、「第 6 章 コンテンツ ディレクトリの設置計画」を参照してください。

Peer Web Services の使い方

イントラネットの場合

Peer Web Services は、既存のほとんどの環境に十分適合します。Peer Web Services には、Windows NT のセキュリティおよびネットワークの諸機能が統合されています。このため、既存のコンピュータにソフトウェアを追加したり、あるいは既存のユーザー アカウントを使用したりすることができます。

小規模なビジネスでは、各人が Peer Web Services を使って、ビジネス上の情報をパブリッシュすることができます。複数の部署やワークグループから成る、より規模の大きなビジネスでは、各人は 1 つのの Web サーバー上に集中的にワークグループのドキュメントを置く代わりに、各人のデスクトップ コンピュータ上の Peer Web Services を使って、指定したワークグループごとに情報を利用できるようにすることができます。ワークグループの Web サーバーは、個人用ホームページや、カスタマイズされたワークグループ アプリケーション用のホストとして利用したり、ワークグループの Structured Query Language (SQL) データベースへのインターフェイスとして機能したりできます。また、リモート アクセス サービス (RAS) を利用して、リモート サイトからワークグループへのダイヤルアップ アクセスを提供することもできます。

02_i254h


目次 索引 前の章 章の最初 次の章

(C) 1996 by Microsoft Corporation. All rights reserved.