Make your own free website on Tripod.com
space
目次 索引 前の章 次の章

第 9 章

FTP サービスと Gopher サービスの利用


Microsoft Peer Web Services for Windows NT には、WWW サービスに加えて、File Transfer Protocol (FTP) サービスと Gopher サービスの 2 つのサービスが提供されています。これらのサービスは従来からインターネット上で利用されている、いわば "旧式の" サービスですが、場合によってはそれらの簡潔性に注目して Web サイトで利用することも考えられます。この章では、次の項目について説明します。


章の最初 FTP サービスとは

FFTP は、TCP/IP ネットワークおよびインターネットで利用されているプロトコルの中で最も古いものの 1 つです。FTP は、同一のネットワーク上にあるコンピュータ間でファイル転送を実現するために使われます。たとえば、UNIX(R) コンピュータから MS-DOS(R) や Windows 3.1 が動作しているコンピュータにファイルを転送する場合など、異なるコンピュータ間でファイルを転送する際に特に便利でした。

初期の FTP クライアント ソフトウェアは、Windows NT のコマンド プロンプトを使ってファイルの一覧表示やコピーを行うのと同じような、文字ベースのソフトウェアでした。文字ベースのプログラムは、リモート コンピュータへのログオンや、ディレクトリの閲覧、ファイルの転送などに使用されていました。

インターネット エクスプローラは、自動的に FTP サーバーにログオンすることによって、上記の過程を簡潔にしています (匿名による接続が許可されている場合)。ディレクトリ リストはハイパーテキスト リンクとして自動的に表示されます。また、マウスをポイントしてクリックするだけで、ディレクトリ間の移動やサーバーからクライアントへのファイルのコピーができます (インターネット エクスプローラではクライアントからサーバーへのファイルのコピーはできませんので注意してください)。

FTP サービスで使うべき場合

World Wide Web (WWW)、Hypertext Transfer Protocol (HTTP) では、FTP の機能の大部分を継承しています。ただし、この 3 つのインターネット サービスのうち、FTP サービスだけは、クライアント コンピュータからサーバー コンピュータへファイルをコピーすることができます。リモート ユーザーがこの作業を行う場合には、FTP を使用しなければなりません。

また、自分のファイルをリモート ユーザーが利用できるようにしたい場合に、FTP は、インストールや管理の点で極めて取り扱いが容易なサーバーであるといえます。インストール後は自分のファイルを参照できるように FTP サービスを設定するだけで済み、他に設定を行う必要はありません。

FTP では、ドキュメント ファイル、マルチメディア ファイル、アプリケーション ファイルなど、あらゆる形式のファイルを利用できます。インターネット エクスプローラを使用していれば、リモート クライアントはファイルのコピーをはじめ、 表示用の補助アプリケーションの起動、ファイルの再生などの操作を指定できます。

FTP サービスの動作

FTP サービスでは、ユーザーはサービスを利用するためにワークステーションにログオンする必要があります。ログオンすると、FTP サービスによってディレクトリが利用可能になり、閲覧することができます。FTP 専用のクライアントの場合には、リモート ユーザーはファイルを FTP サイトにコピーしたり、ログオフなどの他の FTP コマンドをパブリッシュすることができます。

セッション活動の設定

同時接続可能数、および接続許容時間を設定できます。

ユーザーは、ログオフするか接続を切断するまでログオン状態にありますが、[サービス] プロパティ シートの [接続しているユーザー] ボタンを使えばどのユーザーが現在接続中であるかを把握することができます。

カレント セッションを表示する

FTP サイトに現在接続しているユーザーを参照するには

FTP ログオンの設定

インターネット サービス マネージャを使い、FTP サービスに対するログオンの必要条件を設定できます。

FTP サービスが匿名ログオン用に設定されている場合は、クライアントはユーザー名を "anonymous" にしてログオンできます。従来からの慣習で、匿名の FTP ユーザーは自分の電子メール アドレスをパスワードとして指定し、ログオンします。インターネット エクスプローラと他の Web ブラウザは、匿名ログオンを許可しているすべての FTP サイトに自動的に匿名でログオンします。

ただし、Windows NT に付属のインターネット エクスプローラでは、電子メール アドレスをパスワードとして自動的に送信する機能はありません。

また、FTP クライアントは、Windows NT コンピュータの使用のために許可されている Windows NT ユーザー名とパスワードを使ってログオンすることを許可されています。Windows NT File System (NTFS) ドライブでは、すべてのユーザーのアクセス権限とファイル アクセスを管理できます。このメカニズムを使って Web ブラウザでログオンするには、ftp://user::password@computername/ または、ftp://username@computername/ と入力します。

インターネット サービス マネージャの [FTP サービスのプロパティ] で、ユーザーが Windows NT ユーザー名を使用できないようにするには、[匿名でのみ接続を許可する] チェック ボックスを選択します このチェックボックスを有効にすると "anonymous" 以外のアカウントではログオンできなくなります。 これにより、匿名ログオンに割り当てられているただ 1 つのアカウントだけしかアクセスが許可されなくなり、侵入者が管理者アカウントでアクセスしようとしてもアクセスできないので、セキュリティの面で非常に有効な手段になります。

匿名接続を管理する

ユーザー名とパスワードのセキュリティを設定するには

メッセージのカスタマイズ

接続メッセージ、終了メッセージおよび 最大接続数到達メッセージをカスタマイズするには

FTP ディレクトリの設定

この節では、FTP ディレクトリの設定方法について説明します。

ホーム ディレクトリの設定

デフォルトでは、ホーム ディレクトリ内のすべてのサブディレクトリが利用できます。FTP ファイルはすべてホーム ディレクトリに置いてください。ホーム ディレクトリの設定と変更の詳細については、「第 6 章 コンテンツ ディレクトリの設置計画」 を参照してください。

また、WWW サービスとまったく同様に仮想ディレクトリを追加することもできます。ただし、FTP の技術的な制限のために、仮想ディレクトリをサブ ディレクトリとしてリスト表示することはできません。ユーザーは、仮想ディレクトリのエイリアスを知っている場合にだけ、その仮想ディレクトリを参照できます。

リストのスタイルの設定

ブラウザによっては、FTP のリストのスタイルが UNIX 形式でなければならない場合があります。このようなブラウザと最大限の互換性を保つために、FTP のリストのスタイルを UNIX 形式にするようにしてください。

ディレクトリ一覧の表示方法を決めるには

読み取りおよび書き込みアクセス権の設定

読み取りアクセス権は、デフォルトですべての FTP 仮想 ルート ディレクトリに設定されています。書き込みアクセス権の設定により、ユーザーがコンピュータにファイルを置けるようになります。

読み取りアクセス権を削除して書き込みアクセス権を設定すれば、ファイルのコピーだけが可能で他のユーザーがコピーしたファイルの閲覧は不可能であるような専用のフォルダ (ディレクトリ) を作成できます。こうしたディレクトリは、"drop-box" ディレクトリと呼ばれることがあります。

読み取りおよび書き込みのアクセス権を設定するには、インターネット サービス マネージャを使う必要があります。また、NTFS ドライブ上では、Windows NT エクスプローラを使ってインターネット サービス マネージャの設定と矛盾のないアクセス権を設定することも必要です。

読み取り

書き込み


注意   NTFS ドライブではなお、ユーザーが "drop-box" ディレクトリに (たとえば、FTP, cd コマンドを使って) 移動できるようにするには、Windows NT エクスプローラの [ディレクトリのアクセス権] によって "drop-box" ディレクトリの読み取りアクセス権を使用させたいユーザーに許可を与える必要があります。したがって、ユーザーは、Windows NT エクスプローラ内の NTFS 読み取りアクセス権と書き込みアクセス権の両方を持っている必要がありますが、インターネット サービス マネージャでは、書き込みアクセス権だけが必要です。

注釈ファイルの作成

各ディレクトリには、注釈ファイルを含めることができます。注釈ファイルはディレクトリに格納されている情報を簡単に説明するために使用されます。この説明文はリモート ブラウザに自動的に表示されます。

ディレクトリの説明を追加することで、FTP サイト上の特定のディレクトリの内容を FTP のユーザーに示すことができます。説明を追加するには、~ftpsvc~.ckm というファイルをそのフォルダ (ディレクトリ) に作成し、レジストリに "AnnotateDirectories" という値を設定します (詳細については、ヘルプを参照してください)。通常、このファイルは、ディレクトリ リストに表示されないように隠しファイルにしておきます。

ディレクトリ 注釈ファイルを追加して、FTP ユーザーに FTP サイト上のディレクトリのコンテンツを通知することができます。

ファイルに注釈をつけるには


AnnotateDirectories REG_DWORD
範囲: 0 または 1
Default = 0 (false - ディレクトリ 注釈ファイルはオフになっています)
ここに示した値は、新しく接続されたユーザーに対するディレクトリ 注釈ファイルのデフォルトの動作を定義したものです。ディレクトリ 注釈ファイルは、FTP ユーザーに FTP サイトのコンテンツを伝えるのに使います。ディレクトリ 注釈ファイルは、~ftpsvc~.ckm という名のファイルに保存されます。通常これは隠しファイルです。この値が 1 の場合、ディレクトリ 注釈ファイルが可能です。

このレジストリ エントリは、デフォルトではレジストリに現れませんので、そのデフォルト値を変更するには、エントリを追加する必要があります。


ディレクトリ 注釈ファイルが可能な FTP 参照のクライアント エラー

FTP サービスでディレクトリ 注釈ファイルが可能である場合、Web ブラウザは FTP ディレクトリをブラウズしているときにエラーメッセージを表示することがあります。各注釈ファイルを 1 行に制限するか、ディレクトリ 注釈ファイルを不可能にすることによって、このようなエラーを避けることができます。

ホーム ディレクトリ内の特別なディレクトリ

ホーム ディレクトリに特別のディレクトリを追加して、FTP ユーザーに表示するデフォルト ディレクトリを制御することができます。このディレクトリは物理的なサブディレクトリでなければならず、仮想ディレクトリを使って指定することはできません。

注意   ここで述べたことは、 Web ブラウザを使って FTP へアクセスしようとする場合には、当てはまりません。Web ブラウザは、ログオン時に自動的にルート ディレクトリに変更します。ただし、これによってユーザーが cd コマンドを使って指定したディレクトリに移動できなくなるわけではありません。

ユーザー名ディレクトリの使用

ユーザー名ディレクトリとは、ユーザー名と同じ名前を持つホーム ディレクトリ内のディレクトリのことです。 ユーザーのログオン時にそのユーザー名と同じ名前のディレクトリがホーム ディレクトリ内にあれば、そのディレクトリはルート ディレクトリとして使われます。

FTP ユーザー名ディレクトリを使えば、ユーザーに提供するルート ディレクトリを制御することができます。ただし、FTP ユーザー名ディレクトリはセットアップ時にデフォルトで作成されることはありません。

匿名ディレクトリの使用

匿名ディレクトリとは、"anonymous" という名前のホーム ディレクトリ内のディレクトリです。ユーザーがユーザー アカウント Anonymous を使ってログオンした場合、ディレクトリ名 Anonymous がルート ディレクトリとして使われます。

注意   ディレクトリへのアクセスを、Windows NT エクスプローラ内のそのディレクトリの [ディレクトリのアクセス権] を使って、特定のユーザーに制限することができます。また、各ユーザーは、Ftproot ホーム ディレクトリへのアクセス権を持っている必要があります。

FTP クライアント

FTP サービスを実行するコンピュータへは任意の FTP クライアントを使用して接続できます。Windows NT Workstation および Windows NT Server には、文字ベースの FTP クライアントがあらかじめ用意されています (このクライアントはコマンド プロンプトからのみ起動できます)。

Microsoft Windows NT には、インターネット エクスプローラが含まれており、これを使って FTP サイトをブラウズできます。FTP サイトに接続するには、Uniform Resource Locator (URL) を使います。たとえば、ftp://ftp.microsoft.co.jp/ と入力します。


章の最初 Gopher サービスとは

Gopher サービスは、既存のファイルのアーカイブを容易にパブリッシュできるという点で FTP に似ていますが、FTP サービスで存在したいくつかの制限が取り除かれています。Gopher サービスを使って、ほかのコンピュータやサービスへのリンクを作成し、ファイルやディレクトリに注釈をつけ、カスタム メニューを作成することができます。

Microsoft Peer Web Services の Gopher サービスは、すべての Gopher 機能をサポートしています。加えて、Gopher サービスは、Gopher Plus selector 文字列をサポートしており、これによってサーバーからクライアントへ管理者名、修正日、MIME の種類といった追加情報を返すことができます。

Gopher サイトをセットアップするには、ファイルを Gopher ホーム ディレクトリ (\Inetpub\Gophroot) にコピーします。その後は、クライアントはWindows NT エクスプローラを使うのと同じぐらい簡単に Gopher ディレクトリをブラウズできます。サイトを強化するには、ほかのコンピュータやサービスへのリンクを提供するタグ ファイルを作成し、ファイルやディレクトリに注釈をつけ、カスタム メニューを作成します。詳細については、この章の終わりの "Tag Files" を参照してください。

Gopher サービスの設定

ここでは Gopher サービスの設定の概要について説明します。サービスを設定するには、次の設定を行う必要があります。 :

ユーザー名とパスワードを使ったセキュリティの管理

ユーザー名とパスワードのセキュリティを設定するには

WAIS インデックス クエリーのセットアップ

Wide Area Information Search (WAIS) インデックス検索は、Internet Information Server においては、デフォルトでは使用できません。WAIS を使用可能にするには、Windows NT レジストリ内の次のエントリを 0 (使用不可) から 1 (使用可能) へ変更する必要があります。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
 \CurrentControlSet
  \Services
   \GopherSVC
    \CheckForWAISDB

タグ ファイル

タグ ファイルは、クライアントに返される標準の Gopher 表示に追加情報を追加したり、ほかのコンピュータへのリンクを提供したりするのに使います。

クライアントに送られるファイルに関するすべての情報は、タグ ファイルがもとになっています。タグ ファイルにはクライアントに表示されるファイル名が含まれています。通常、タグ ファイルは次の内容が含まれています。


Gopher Plus を実行できる場合には、個々のタグ ファイルに、サーバー管理者名や電子メール名、ファイルの作成日付、最終変更日付などの詳細情報を追加できます。

まず最初に、ファイルを作成して、それを Gopher サービスを実行しているコンピュータである Gopher サーバーに格納する必要があります。

gdsset ユーティリティを使って Gopher サイトにタグを作成します。gdsset コマンドの完全な構文を参照するには、コマンド ラインでパラメータをつけずに gdsset と入力します。

タグ ファイルは隠しファイルです。Windows NT エクスプローラを使って、タグ ファイルを隠しファイルとして設定します。

ファイル アロケーション テーブル (FAT) ファイル システムを使ってフォーマットされたドライブでは、タグ ファイル名は、それが説明しているファイルと同じ名前を使い、そのファイル名に .gtg が追加されます。たとえば、コンテンツ ファイル名が Catalog.txt の場合、タグ ファイル名は Catalog.txt.gtg になります。

NTFS を使ってフォーマットされたドライブでは、タグ ファイル名は、それが説明しているファイルと同じ名前を使い、そのファイル名に :gtg が追加されます。NTFS タグ ファイルは、別のデータのストリームに格納されます。たとえば、コンテンツ ファイル名が Catalog.txt の場合、タグ ファイル名は Catalog.txt:gtg になります。拡張子の開始には、ピリオドではなく、コロンが使われることに注意してください。

FAT ボリュームに格納されるタグ ファイルは、メモ帳などの、大部分の ASCII ベースのテキスト エディタを使って編集することができます。ファイルを編集するには、その隠し属性を解除することが必要です。NTFS ボリュームに格納されるタグ ファイルは、ファイルが別のデータ ストリームに格納されているため、大部分のテキスト エディタでは編集できません。

サーバーが FAT 用に設定されている場合は、データ ファイルを移動するときに必ず対応するタグ ファイルを手作業で移動する必要があるので注意してください。通常はタグ ファイルは隠し属性ファイルであるため、タグ ファイルを移動するには、まずそれを可視属性にし、ファイルを移動してから、再度隠し属性にします (Windows NT エクスプローラを使って、ファイルを隠し属性にしたり、可視属性にしたりすることができます。[表示] メニューで隠しファイルを含めたすべてのファイルを表示するには、[オプション] をクリックし、[表示] タブをクリックしてから、[すべてのファイルを表示] を選択します)。)

注意    ディスク容量に余裕がない場合は、ファイルの占有容量を計算する際に隠しファイルの分を含めることを忘れないようにしてください。

タグ ファイルの作成

タグ ファイルを作成するには


このコマンドは、作成したタグ ファイルを自動的に隠し属性にします。

一連のテキスト ファイルのような同じ種類のファイルに対してタグを付けるバッチ コマンドを作成するには、次に示す構文を使います。

for %1 in (*.txt) do gdsset -c -gn -f %i %I

ローカル Gopher サイトから別のコンピュータ上のディレクトリへのリンクを作成するには


Gdsset は、自動的に、作成したタグ ファイルを隠し属性にします。

次に示すコマンドにより、タグ ファイルに格納されている情報が表示されます。

バッチ コマンドを作成して、テキスト ファイルのグループなど、同じ種類の一連のファイルにタグを作成するには、次の構文を使います。

項目種別の解釈

以下の一覧は、利用可能なすべての Gopher 項目種類コードとその意味を示したものです。最初の文字は種類を示すコードです。

0 ファイル (通常は純粋なテキスト ファイル)
1 Gopher ディレクトリ
3 エラー
4 BinHex 形式の Macintosh(R) ファイル
5 MS-DOS バイナリ アーカイブ
7 インデックス検索サーバー
9 バイナリ ファイル
g Graphic Interchange File (GIF) グラフィック
h HTML World Wide Web ハイパーテキスト ページ
: ビットマップ イメージ (イメージの種類については Gopher Plus の情報を参照してください)


目次 索引 前の章 章の最初 次の章

(C) 1996 by Microsoft Corporation. All rights reserved.